日本キリスト教団 横浜明星協会付属 宗教法人二本榎幼稚園

横浜市神奈川区二本榎にある
キリスト教主義の幼稚園です。

お電話でのお問い合わせはこちらから TEL/FAX 045-491-3437

入園案内~入園に際して~

見学 前日に電話にてご連絡をお願いします。(15:00~17:00)
園庭開放 園庭遊びと(決められた室内での)室内あそび・・・4/22(月)~7/4(木)
予約は不要です。お気軽にいらして下さい。
・毎週月曜日
・毎週木曜日
13:00~16:00
9/19(木)~2020/2/27(木)
・毎週月曜日
・毎週木曜日
11:00~15:30
オープンデー 幼稚園生活をご自由にご覧頂けます
(前期) ・6/19(水)
・6/20(木)
・6/21(金)
9:30~13:00
(後期) ・9/11(水)
・9/12(木)
9:30~13:00
説明会 入園願書・募集要項配布
10月15日(火)
配布数:希望者全員
金額:無料
運動会 10月12日(土)9:00~14:00 延期日 10月14日(月)
※自由に未就園児の種目に参加頂きます(11:00~11:20)
入園申込 受付日:11月1日(金)9:00~10:00
    受付後、当日の面接時間をお知らせいたします。
    入園面接
    11月1日(金)13:30~16:00
    選考料:5,000円
購入が必要なもの 個人用学用品(5,000円程度)・制帽(2,300円)・スモック(2,700円)
用意するもの 通園かばん・上履き入れ・お弁当袋・絵本袋・スモック・お着替え入れ(親の手作り)
優先枠 卒園生の弟妹・在園児の弟妹
預り保育 2016年度より始めました、在園児の希望者預かり保育を、
2019年度も致します。
在園児の希望者  4月23日(火)~
毎週火・木・金曜日・・・(保育後)14:00~16:00
・園庭あそびと(決められた室内での)室内あそび
1時間300円

入園料

入園料 130,000円
保育料 34,500円(教材費含む)
2019年10月より幼児教育の無償化を導入いたします。
その他 施設費 34,000円(入園時)
暖房費 1,000円/月(年4ヶ月)
父母の会費 1,600円/学期

保育

保育内容 形態の特色
子どもが主体的に活動することを大切にし、友だちと一緒に遊ぶ喜びの中で仲間を大切にする心を育てます。年齢別のクラス編成ですが、異年齢の子どもとの遊びや活動ができるよう配慮しています。
食事に対する考え
母親の手作りのお弁当を(バランスを考えた)感謝して、友だちと楽しくいただき、食物を与えてくださる神様に感謝します。
園環境の特色
四季折々の季節感が感じられる樹木が園庭に遊ぶ子ども達の心を豊かにし、広い園庭の砂場や遊具は遊びを活発にしています。
家庭・親とのつながり
毎月の父母の会例会、クラス懇談会(毎学期)、個人面談、家庭訪問など。登園時、降園時に希望者にはいつでも話す機会を作ったり、おたより帳で連絡を取り合い、担任教師と母親とが信頼を深めます。
教材の特色
子ども達が活発に製作活動や描画活動ができるよう多種類の教材を用意しています。家庭から出る空き箱や布切れ・毛糸など、また身近にあるどんぐりや松ぼっくりなど子ども達が喜ぶ教材となっています。年長組は木工活動に取り組めるよう道具や木材も用意しています。
地域とのつながり
花の日、感謝祭の礼拝の後、地域の消防署に花や果物を持って訪問。園を解放して地域とのコミュニケーションをとっています。
特別な活動プログラム
1、毎日絵本の読み聞かせを楽しみます。
2、年少・年中児は毎週火~木、年長児は毎週金~月曜日までクラスの絵本文庫より借り、2冊選んで家庭で絵本を母親に読んでもらいます。
防災・防犯対策について
5月より毎月第3、又は第4金曜日、避難訓練をクラスごとに全園児が実施しています。
保護者の特色
一人ひとりの子どもの理解を大切にし、教師全員が全園児を覚えて教師と子ども肌のふれ合う幼児教育を大切にしています。
幼稚園見学
前日にご連絡いただければ、基本的にいつでも見学可能です。園庭での活発な遊び、絵画・制作活動・リズム遊び、毎日の礼拝や絵本の読みきかせなど子ども達の自主性を大切にし、感性豊かに成長している姿を見にいらしてください。
保護者の声
  • 保護者同士は毎日送り迎えで話す機会が多く、自然と学年やクラスを越えたコミュニケーションが図られるようになっています。自分の子供だけでなく、みんなで子供たち全員の成長を温かく見守っている和やかな雰囲気があります。
  • 徒歩・自転車・車などさまざまな方法での通園。
    徒歩と自転車が多数。駅から平坦な場所にあり、通いやすい。送迎時、弟妹も園庭で遊ぶことができます。
  • 幼少期の親子関係を大切に考えているので、親子でいる時間を長くするために預かり保育はしていないが、園庭解放があるので保護者の見守りのもと保育時間終了後、兄弟も一緒に自由に遊べる時間があるのは助かります。おけいこ教室は園外からの入会も可能です。
  • 基本的には遊び中心の自由保育だが、心静かにする時間があるので、家庭でもきちんと座ってお話しができるようになりました。お休みの子がいたら早く良くなるようにとお祈りをするなど、 生活の中で他者への思いやりの心を日々育んでいるので、家庭の中でもお友達の話をよくするようになりました。 毎日、絵本を借りて家で読むので自然と文字に興味を持つようになりました。
  • 先生方が子どもたちに丁寧で穏やかな声掛けで一人ひとりを細かく見てくれる点は少人数園ならでは。
    担任の先生だけでなく、すべての先生が子供のことを良く知っています。
    子どもが穏やかに安心して過ごすことができます。個性を尊重し良いところを伸ばしてくれます。
    学年問わずみんな仲がいい様子で、自然と縦割りになり年長児が年下の子たちのお世話をする光景も日常的に見られます。